読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の輪

気になったことを検索してまとめてます、複数のページ見た上で自分なりの簡潔な解釈をしております。ネット上の情報を参考にするため正確性にはやや問題があるかもです。

傍聴したい裁判の日程を知る方法

 

気になる事件の裁判を傍聴したかったのだが、日程が一切わからない

 まずは裁判所に問い合わせなければ始まらない

裁判所に行けばその日の裁判の刑事事件 民事事件の時間割と罪名と名前が載っている

ファイルが何冊も置いてある。

しかし当日分しか載ってないので毎日裁判所に行かないといけないので現実的ではない。

どうすればいいか調べると裁判所刑事訟廷事件係に電話すれば必ず教えてくれのがわかる。(民事の場合は民事訟廷事件係

東京の地方裁判所の場合は


東京地方裁判所刑事部刑事訟廷事務室事件係
03-3581-3304

 

ちなみにどこの裁判所かもわからない場合はどうしようもない。

捕まった時の場所の管轄の裁判所

もしくは捜査してた警察の管轄になるので予測をつけて電話するしかない。

 

傍聴したい裁判の被告人名を検索してもらう

電話口で事件の被告人の名前を言って検索してもらう。

関係者から事件番号とか教えてもらってる人はそれをいうと一発。

名前が難しい漢字の場合は電話で伝える際に予習をしておけばいい。

例:盛田大輔なら

岩手県盛岡のモリに田んぼのタ 松坂大輔のダイスケ

このくらいで伝わる。

とにかく電話口の人はめっちゃ早口で忙しそうな人ばかり

業務をやりながらたまに電話応対している感じ。

名前がデータベースにヒットしたら

その事件担当の刑事部に転送され日程を教えてもらえる。

データベースに載ってない場合

起訴前である。

起訴直後で日程が決まってない。(逮捕されてから二か月後~くらいから決まる)

その裁判所がそもそも管轄ではない。

裁判が終了している。

判決だけ知りたい

これはどうやら教えなければならない義務はないみたい。

自分の場合は刑事部で何度か教えてもらった。

 

とにかく問い合わせるまえに紙に伝えることを書いて電話したほうがいい。

業務の邪魔をしてるみたいで申し訳ないし、早口で圧をかけられるので笑